ミュージアム ガレツト コレクション アンティーク ルイヴィトン
ミュージアム ガレット コレクション アンティーク ルイ・ヴィトン 神奈川県南足柄市 
e-mail : muse_garret@nifty.com  0465-70-3033  09061913005 
 プロフィール/profile  
1974年出張の帰路、幸運にも凱旋門の近くマルソー通りに在ったルイ・ヴィトンの
お店を訪ねることが出来ました。
翌年、ミラノの建築事務所に席を置き、サンバビラ広場にある家具会社での仕事の後、
近くのモンテ・ナポレオーネ通りのフランス高級ブティックにディスプレイされていた、
幾つかの古い大型ルイ・ヴィトントランクを目にして大きなショックを受けました。
当時、私はモダンデザインを業として主に家具等に接していましたが、ルイ・ヴィトン 
トランクに巨匠達のデザインのキーコアーを多く見出せたからです


今、私の手元の物達は、美しさ・豪華さ、ましてや高尚・完璧さなどを示す物ではなく、土と汗、内には「その時」を
残すもの達です。一つのプロダクトデザイン資料とそれらを支援するセールスツールとしてのパブリケーション − 荷造り職人から
創意工夫をし、あらゆる物が激しく突き進む其々の時代で常に最先端を生きた三代のL・Vファミリーが1987年に至る、ほぼ1世紀の
『物造り』と『販売』との企業戦略の明確な物言う証しに見えます。これらを選び旅した人々の生きた痕跡とルイ・ヴィトンが最も
ルイ・ヴィトンらしい、MALLETERIA(トランク製造職人)を称した時代の、情熱と技術の偉業のほんの一部を、複合的に垣間見て
頂けれますれば幸いです。

私は、プロダクトデザイナーとして、これらを通じ"現代の始まり"とも云うべき「その時代 」- 自由・交通・通信 - 人間力への興味を
益々深く致しました。中にはかなり痛み、見て頂くのも恐縮する物も在りますが、忍耐を持って御覧頂きたく思います。
何しろかなりご高齢の方々・・・、中には100歳以上の方もおられます。

この極めて私的なギャラリーをご覧になった方から、「へえ〜、こんなの在ったの?本物?」との囁きが聞えれば何かにんまり、
また、少し不安になります。
さ〜、どうぞ、cafeの匂いが漂う「あの時」のスクリーヴェ通りへ。「タイタニック号」・「モノグラムの誕生」などの数々の
逸話で語られるルイ・ヴィトンのヒストリアへ旅立ちです。勿論、お金持ちの方はマルゴーかゲランでも、更にお似合いでしょう。

最後に、30数年前、青山にあった石津謙介社長の下、物創りの『ブランドとは何か?』を常に意識し実施をしてまいりました。
このような体験からの極めて私的なルイ・ヴィトンアンティーク・コレクション展示のガレットを開設いたしております。

                                                                                    平成二十六年 三月吉日
                    
プライベート・ガレット開設に当たり

 
 
多くのコレクターの方々との交流の場に
 したく考えています。
  また、それらの展示デザインやホーム
 ページ製作・収録CD/DVD製作・電子
 ブック製作なども、プロダクトデザイン
 およびソリューションサービス開始以来
 30余年の経験・実績を踏まえて、ご相談、
 総合コンサルタントを承ります。
Copyright ; 2011 PRAIVATE MUSEUM GARRET All Rights Reserved.
ページ・トップへ戻る
 2009年6月より現在までにいただいた取材・報道・掲載など (順不同・敬称略) 
あっぱれ神奈川大行進
日経新聞
神奈川新聞
産経リビング
横浜経済新聞
テレビ・ラジオ
・テリー伊藤氏のスッキリ(日本テレビ) ・ラジオ日本 ・j−wave(ラジオ)
・CATV(小田原ケーブルテレビ)
 ・あっぱれ神奈川 大行進(神奈川テレビ) 
・高知TV ・NHK高知放送、・サンバリュー「眠れる森の美術館」(日本テレビ)
・「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ) ・「極上お宝サロン」(BSジャパン)
新聞
・日経新聞(関東版) ・共同通信  ・東都よみうり   ・横浜経済新聞  
・神奈川新聞 ・高知新聞 ・産経リビング ・ポスト ・タウンニュース
 
インターネット通信
・東京ウオーカー ・WWC(ファッション・マガジン) 
・TVK横浜のたより ・横浜ウオーカー 
・足柄アートフェスティバル(神奈川県)
 
・コラージ(ウェッブ・マガジン) その他、多数。
・雑誌、他
・インタークロス ・モノマガジン(ワールドフォトプレス) 
・バイク人(エイ出版) ・女性自身 ・江東区区報  ・日本旅行(企画)
・東京メトロ沿線だより、・リサイクル通信  その他、多数。

眠れる森の美術館
ぶらり途中下車の旅
極上お宝サロン